研究紹介
HOME > 研究紹介 > 学会発表リスト

学会発表リスト

平成 29 年(2017 年)

触媒制御による位置選択的不斉エポキシ化反応の開発

  • 信田 智哉、川端 猛夫
    第15回次世代を担う有機化学シンポジウム(2017年5月26-27日,東京)

Luciferase酵素阻害を示す新規化合物の構造とその阻害活性

  • 中込まどか,藤巻信子,伊藤愛,清水和美
    日本薬学会第137年会(2017年3月24-27日,仙台)

平成 27 年(2015 年)

アルツハイマー病モデルマウスにおけるレチノイン酸受容体アゴニストAm80とレチノイドX受容体アゴニストHX630の協調的な治療効果

  • 川原浩一,末延道太,大塚英起,國安明彦,杉本幸彦,前田武彦,中込まどか,深澤弘志,首藤紘一,中山仁
    日本薬学会第135年会(2015年3月25-28日,神戸)

平成 26 年(2014 年)

A novel aromatic carboxylic acid inhibits luciferase activity in mammalian cells by acylation of an active regulatory lysine residue.

  • M. Nakagomi, K. Shudo, S. Sakamoto, H. Handa, T. Iwamoto, and T. Matsuura Biophysical Society 58th Annual Meeting (February 15-19, 2014, San Francisco, USA)

Cooperative therapeutic action of retinoic acid receptor and retinoid X receptor agonists in a mouse model of Alzheimer's disease.

  • K. Kawahara, M. Suenobu, H. Ohtsuka, A. Kuniyasu, Y. Sugimoto, M. Nakagomi, H. Fukasawa, K. Shudo, and H. Nakayama
    日本レチノイド研究会 第25回学術集会(2014年10月11-12日,秋田)

Polypharmacological profiles of phenanthridinone derivatives.

  • Y. Nishiyama, M. Nakamura, T. Misawa, H. Aoyama, K. Sugita, M. Ishikawa, Y. Hashimoto, M. Nakagomi, M. Makishima, and M. Baba
    第32回メディシナルケミストリーシンポジウム (2014年11月26-28日,神戸)

平成 25 年 (2013 年)

日本薬学会 第 133 年会 (3 月 27-30 日、横浜)

第 35 回 日本疼痛学会 (7 月 12-13 日、大宮)

  • 上位中枢副作用のない新規神経障害性疼痛治療薬 Silagaba

日本レチノイド研究会 第 24 回学術集会 (8 月 30-31 日、東京)

  • Am80 による脂肪細胞分化制御
  • 酵素活性制御 lysine のアシル化 — 新規カルボン酸含有化合物 F-53 に修飾される Luciferase の lysine-529 —

平成 24 年 (2012 年)

2012 FASEB Summer Research Conferences, Retinoids (June 10-15, Colorado, USA)

  • All-trans retinoic acid induces the transcriptional activity of PPARδ via RXRα

日本レチノイド研究会 第 23 回学術集会 (10 月 19-20 日、米子)

  • All-trans レチノイン酸が RXRα を介して PPARγ の転写活性を誘導する可能性

Keystone Symposia, Aging and Diseases of Aging (October 22-27, Tokyo, Japan)

  • F-53 eliminates luciferase activity in mammalian cells by the adduct to the active regulatory lysine

第 30 回 メディシナルケミストリーシンポジウム (11 月 28-30 日、東京)

  • 中枢作用を持たない新規疼痛抑制化合物:ケイ素包含 GABA 誘導体

The JSPS 3rd Medicinal Chemistry Seminar of Asia/Africa Scientific Platform Program (December 3-5, Tokyo, Japan)

  • F-53 eliminates luciferase activity in mammalian cells by the adduct to the active regulatory lysine

第 85 回 日本生化学会大会 (12 月 14-16 日、福岡)

  • F-53 inhibits luciferase enzymatic activity in mammalian cells by forming an adduct to the active regulatory lysine

平成 23 年 (2011 年)

The 10th International Conference on Alzheimer's & Parkinson's Diseases (March 9-13, Barcelona, Spain)

51st Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (September 17-20, Chicago, USA)

4th conference Clinical Trials on Alzheimer's Disease (November 3-5, San Diego, USA)

  • Towards Retinoid Therapy for Alzheimer's Disease

日本レチノイド研究会 第 22 回学術集会 (11 月 11-12 日、東京)

  • T 細胞の Interleukin-9 産生に対するレチノイドの制御作用

平成 22 年 (2010 年)

2010 FASEB Summer Research Conferences, Retinoids (June 13-18, Arizona, USA)

第 25 回 老化促進マウス (SAM) 研究協議会 (7 月 9-10 日、金沢)

平成 21 年 (2009 年)

日本薬学会 第 129 年会 (3 月 26-28 日、京都)

平成 20 年 (2008 年)

日本薬学会 第 128 年会 (3 月 26-28 日、横浜)

第 27 回 メディシナルケミストリーシンポジウム (11 月 26-28 日、大阪)

  • [1.2.5]トリアゼパン構造をもつオキサゾリジノン系抗菌活性化合物の合成とその構造–活性相関

  • 1,2,5-オキサジアゼパン構造を持つオキサゾリジノン化合物の合成

  • 疎水性領域に新規骨格を有するレチノイドの創製

  • ヘテロ 5 員環構造を疎水性ファーマコフォアとして有する新規レチノイドの創製
ページTOPへ