研究紹介

沿革

乙卯研究所のこれまでと今後

 (各写真をクリックすると拡大写真が表示されます)

1915年(大正4年)東京市芝区 葦手(あしで)町に建設

板張りの実験室だった
板張りの実験室だった
左端が近藤平三郎博士
左端が近藤平三郎博士

研究所名変遷

1915年(大正4年)は 乙(きのと)卯(う)年

乙卯研究所(おつうけんきゅうしょ)

乙卯研究所(いつうけんきゅうしょ)
Research Foundation ITUU Laboratory

Research Foundation ITSUU Laboratory

1917年(大正6年)赤坂区南青山に移転

青山南町の乙卯研究所書図書館
青山南町の乙卯研究所書図書館
中央が近藤博士
中央が近藤博士

1934年(昭和9年)渋谷区金王町に近代的な研究所落成

近代的な研究所
近代的な研究所
二代塩野義三郎筆
二代塩野義三郎筆

1966年(昭和41年)世田谷区玉川の研究所竣工

世田谷区玉川の研究所
世田谷区玉川の研究所
世田谷区玉川の研究所

2015年9月(平成27年)80年以上を経た銘板は溝の口へ


近藤先生の「藤」の字にちなんで、「薬化学の花を咲かせた園」という意味で東大退官時に藤園会が生まれた

藤色を財団の色とし、六員環に「乙」の字を三角フラスコに見立て、新ラボ移転時に乙卯研究所のロゴマークにしました
   

ページTOPへ